,

建築塗装工事

建築塗装工事で最も大切な工程が下地処理です。

外壁の塗り替えの時、足場工事は初めに行いますが、その後の耐久性や仕上りに最も影響を及ぼしてしまう下地処理は一番大切な工程の一つです。

主な下地処理と塗装工事の工程

◯水洗い、高圧洗浄(エンジン高圧洗浄 100気圧~150気圧にて洗浄)

◯ケレン作業 (塗料が剥がれているときなどに行う)

◯サンドペーパー作業 (凹凸処理や、赤さび、木部などのざらつき等を滑らかに処理する、塗料の食いつき密着性の向上)

 

主な塗料の役割と分類

◯シーラー等 下塗り塗料 (下塗り塗料の特性や特徴、密着性能、浸透性能、隠ぺい性能、防錆性能、防水性能、クラック追従性能など)

◯中塗り・上塗り(上塗り塗料の特性や特徴、紫外線、防水性、耐候性、防汚性 等に優れた塗料)

 

余談ですが、

塗装工事は、複数の工程を重ねて行う根気の必要な作業で地味な作業ですが、足場が外されて綺麗に仕上りお客様に喜んで頂けますと、やはりうれしいです。

 

鉄骨階段 塗装

鉄骨階段の塗装工事 完了  黄色いラインは滑り止めの防滑テープ AFTER

鉄骨塗装工事

防滑テープ拡大写真 AFTER

施工後

屋根の塗装工事 と アルミテラスのプラスチック屋根材が風でバタバタしていた為、透明屋根材を張り替えた。AFTER

屋根塗装工事

アルミテラスの透明屋根材張り替え。 ※こだわりの快適ポイントが1つあります。  ①透明ポリカ波板を固定するステンレスフックは、風でバタバタしないように3山飛ばしごとに細かくしっかり固定しました。AFTER

塗装完了

この写真の快適こだわりポイントはひとつです。 ①【信頼性の高い2液反応硬化型塗料を使用する】  塗装の仕上りは艶があり綺麗に仕上がりました、金属の屋根材ですが、①耐久性の高い2液反応硬化型の塗料を使用しました。 2液反応硬化型塗料は経験上1液型の塗料と比べて、硬化後に道具等についた塗料が極端に落ちにくいです、やはり耐久性が高いと再認識してしまいます。自動車の板金塗装でも昔から使用されている実績ある2液反応硬化型の塗料をやはり信頼しています。AFTER

塗装の道具

いろいろな種類の刷毛を使用して、塗る場所に合わせて道具を使い分けています。使用する塗料は、日本製で信頼性の高い塗料を使用します。

PAGE TOP