クロス張り替え工事の手順

①先ずは壁紙を張り替える部屋の家具等、大切な家財品を別の部屋などに移動します。

②古くなった壁紙を剥がします

※下の写真は古くなった壁紙を剥がした後の状態です、剥がしたままでは表面が凸凹している為、平滑処理の作業工程としてパテ塗布処理→硬化後→サンダー平滑処理を、数回行います。この下地処理が非常に大切で、クロス壁紙を綺麗に仕上げるには、この下地処理がとても大切です。ただ、この下地処理のサンダーの工程は、想像を絶するほどの大量の粉が飛散する為、特にリフォームの際はビニール等で養生し、他の部屋と隔離します。

クロス張り替え

古くなった壁紙を剥がした状態

③壁紙を貼ります

壁紙には糊が付いていませんので機械で壁紙に糊を付けて、貼り付けます。

壁紙の乗り付け機

糊付け機で壁紙に糊を付けます

壁紙には、様々な模様があります、レンガや、石、木、ディズニーキャラクター等もあります。白いクロスが一般的ですが、部分的にレンガの模様をアクセントにしたりする事もできます。

クロス張り替え工事(施工後)

After (壁紙のリフォーム完成)

クロス工事が完成した写真

After (壁紙のリフォーム完成)

壁紙には様々なの模様がありますので、壁紙もインテリアにする事ができます

デザインのプランニングも無料にて賜ります。

◇無料お見積り受付ダイヤル◇
フリーコール 0120-299-115
年中無休(8:00~20:00)
本宮・郡山・白河・石川・須賀川

PAGE TOP