,

防音工事

施工場所:福島県

施工内容:業務用カラオケボックス防音工事

遮音防音性能:D-50~D60 相当

音響効果と各部の最終仕上げ材

音響性能

音響天井  仕様:外周はクロスによる反射材、中央部 吸音材による吸音 にて音を落ち着かせる

音響床   仕様:タイルカーペットによる吸音で、ハウリング現象の低減と着座では、不快な反射音を吸音し会話もしやすい。

音響壁   仕様:表面(石膏ボード クロス仕上) 内部構造:壁版材、吸音材、反射材、遮音材を独自の配置で、適度な反射と吸音、遮音で、快適な音響と防音を適度なバランスが得られる構造にしました。

 

防音工事では高い遮音吸音性能を発揮させる為、吸音効果の高いニードルフェルトを大量に使用します。重いボード壁材、遮音材、反射材を的確な配置と順番により、最適な音響と防音性能を発揮します。

 

変成シリコンシーリングで全ての隙間を埋め空気を遮断し遮音性能を高めます。

強制換気 (防音吸気構造)

防音室構造(強制換気の吸気構造)気密性の高い本格防音ルームは、あまりにも気密性が高くなるため、強制的に換気を行わないと室内で酸欠になってしまいます。しかし普通の吸排気ダクトでは音が漏れてしまいますので。給排気ダクトには音を吸収し遮音しながらも給排気が可能な特殊な構造が必要になります。

業務用防音工事から、ご家庭向けピアノ防音室や、こだわりのオーディオルームなど、ご予算に応じ高品質な防音ルームをご提案いたします。

PAGE TOP